電話番号

MDCR(地域をつなぐ医師団)

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
さて
私たちは、2016年末に医療法人社団地域医療開発研究会を設立し、2017年4月に札幌市において本研究会の付属医院として総合内科札幌そうせいイーストクリニックを開院致しました。本研究会の設立理念は下に示したように医師過疎地に都市部の医師を効率的にリクルートし、僻地医療に貢献しようとするもので、その場合の医師の帰属先として札幌のクリニックを機能させようとするものです。いわゆる母艦方式とも言えるシステムの構築です。このシステムに加わった医師は、一旦僻地に赴任しても、決してそこに行ったきりといゆうのではなく、医師の要に応じてフレキシブルに対応できるシステムづくりです。これを可能にするためには私たちの理念に賛同する先生方を集めた医師団(これを私どもは地域を繋ぐ医師団、Medical Doctors that Connect Regions :MDCRと呼びます)の立ち上げが必要です。子供を一時期でも北海道の自然の中で育ててみたい若い方、都会の病院の苛烈な医療環境や医師ー患者間の疎遠さに疑問を感じている方、定年を迎え今度はゆっくり田舎で医師として地域の方々の健康管理などに関わってみたい等々をお考えの先生方は、是非当研究会またはクリニックにご連絡下さい。私どもは何時でも対応出来るようお待ちしています。

<設立の理念>
医師の偏在による郡部の医師不足は地域崩壊につながり深刻な状況にあります。
私たちは、都市部において多診察室を擁する総合内科を標榜し、多くの臨床治験を研鑽し、いわゆる大学医局の機能を形成し、へき地医療を補完するため医師の派遣及び移動診療所を構築し地域医療をサポートすることを大きな目標と捉えています。
将来的には東京、沖縄に医療拠点を設け一層のアクティブな活動を展開します。

<運用スキーム>
1、医師本人の意志を尊重し派遣をおこなうこと
2、派遣期間の単位は1日単位、週単位、月単位、年単位とし医師本人が選択
3、派遣医師の医療的バックアップは当然のこと、期中の交代、代診等をサポート
4、専門学会の出席、認定医の取得等のサポートを積極的に行う

どうか皆様の温かいご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
まずはご挨拶まで申し上げます。

謹白

理事長

医学博士小林邦彦

医学博士 小林 邦彦

<プロフィール>

北海道大学大学院医学研究科修了(医学博士)

山口大学助教授(医学部小児科学講座)

北海道大学教授(医学部臨床検査医学講座)

北海道大学教授(医学部小児科学講座)

北海道大学評議員

社会医療法人北楡会 札幌北楡病院 小児科顧問

MDCR

MDCRロゴ

診察受付時間

【平 日】午後12:00~18:00

【休診日】土曜・日曜・祝日

※血液内科につきましては毎週火・水・木曜日の午後診療のみとなります

診療日カレンダー

アクセス

アクセスマップ